予備校と資格について偏差値が高い受験生の記録まとめ

予備校って何?

予備校って何?

予備校というと大学受験のイメージが強いですが、大学受験に限ったものではありません。様々な試験を受験する者に対して、あらかじめ知識や情報を提供する教育施設を予備校と言います。ですから、司法試験や公認会計士試験、気象予報士試験などに備える学校も予備校になります。授業は、受験する試験に特化したものになります。また、受講の仕方も様々です。週1~2回のペースで通うものもあれば、大学受験を目指す浪人生のために、高校と同じような時間割を作成するところもあり、多種多様となっています。

資格試験合格の為の予備校

資格試験合格の為の予備校

資格試験の予備校に通う理由は、試験に合格するための勉強をすることです。ただし、勉強するだけなら独学でもできますが、予備校では同じ目標を持った人たちと切磋琢磨することができます。また、まわりの人たちと自分の状況を比較したり、いろいろな話をすることで、モチベーションをあげることができます。資格試験の勉強は長丁場となってしまうため、気持ちを切らさないで勉強を続けるためにも、予備校に通って勉強仲間を見つけてみましょう。資格を取った後も、同業者として長い付き合いになることでしょう。

予備校の費用はどれくらい?

予備校の費用はどれくらい?

予備校にかかる費用の相場ですが、1講座あたり現役学生が国英社なら20万円から50万円です。夏期講習や冬期講習といったものも含めれば年間で平均100万円ほど掛かります。現役ではなく浪人生の場合ですが、さらに費用がかかりまして平均で100万円から150万円程度掛かります。当然ではありますが講座数を増やせば、これよりも費用が高くなりまして、公立大学の場合は試験科目が5科目になりますので授業料は高くなる計算になります。

有名な大学受験予備校

有名な大学受験予備校

年も明けていよいよ本格的に大学受験シーズンに突入しますね。現役生はこれからいよいよ大詰めというところですが、早めに準備をはじめたい高校2年生や1年生はそろそろ予備校選びを始めるというところでしょうか。先輩としてアドバイスをするのであれば、大学受験予備校は有名なところが断然おすすめです。有名で実力のある講師の先生の熱心な指導を受けられるという最高の環境が整っているからです。建物が綺麗といった設備が充実していることももちろん重要です。ただ授業がわかりやすくて内容がそのまま自分の力になるというのが一番大事だと思います。みなさんの健闘をお祈りします!

予備校に行けば資格は簡単に取れる?

予備校に行けば資格は簡単に取れる?

資格を少しでもスムーズに取得したいと考える方の中には、予備校通いを検討する方も多いはずです。この選択を行うことによって、迷いがなくなるメリットがあります。とはいえ、資格が簡単に取れるとは限りません。なぜなら、予備校を活用することによって学習しやすい環境が整うことは間違いありませんが、それを活かせるかどうかは本人次第だからです。資格予備校が提供する教材をうまく使いこなし、自分の問題点を素直に受け入れ、克服する努力を行わなければなりません。