資格試験に合格する為の予備校ってあったりするの?

資格試験合格の為の予備校はある?

資格試験合格の為の予備校はある?

予備校と言えば、多くの人が大学受験に合格するために高校生や浪人生が通い、必死になって勉強する所とイメージすると思います。

ところが、それとは異なる種類の予備校がいくつも存在しており、その中の一つに資格試験に合格するための予備校があります。

実際は大学進学予備校と同じように、合格する為の傾向や対策を教えてくれる学校です。通信講座によるものもあります。

ところで資格には多くの種類がありますが、その全てについて学校があるわけではなく、例えば建築関連や会計関係、司法試験等の法律関係・医師関連、その他にも気象予報士や教員採用試験等に向けたものが存在します。

また数も様々で、建築関連だけで全国に約180もの予備校を開校している所もあります。

資格試験の為に予備校に通う必要はある?

資格試験の為に予備校に通う必要はある?

資格を必要とする場合では会社で手当てがつくからとか、必要に迫られる、あるいは将来独立したいと言った思いがきっかけで資格試験を目指す場合があります。

現在住んでいる環境によって予備校が近くにある場合とない場合があります。さらにそれがあっても距離が遠い場合には受講料や交通費と共に時間も消費し、従ってこれらを比較考量してどうするのが良いのかを検討することになります。

資格によっては自宅で独学することでこれを取得することは可能です。但し国家資格であって法律がよく変わるような資格内容の場合は、その法改正には日頃十分注意しておく必要があります。

こういう場合には受験雑誌も出ていることがあり、これで確認する方法もとれますし、インターネットに繋がる環境があれば受験に関するサイトを見つけてこれらを参考にして学習を進めることも出来ます。

資格試験の中で一番難しい資格試験は?

資格試験の中で一番難しい資格試験は?

資格試験は数多くあり、事務に関する資格や医師・薬剤師や大型特殊免許などさまざまな種類のものがあります。一定の学校に通わなければ資格付与されないものを除いて考えますと、一番難しい資格試験は司法試験です。

教科数は、行政書士試験などに比べて少なく、憲法・民法・行政法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法などですが、それぞれの条文を駆使するため、深い理解が必要となります。

特に、民法と商法は、1000を超える条文の理解が必要であり、7科目合わせて3,000~4,000の条文の理解が必要です。さらに、最高裁判例や各条文の学説なども理解をする必要があり、幅広い知識と理解が必要です。

他の資格試験も倍率が高く難しいですが、知識の深さや理解が必要な条文数などを勘案すると、一番難しい資格試験は司法試験といえます。